FC2ブログ













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アウディ 初のプラグインハイブリッドのA3 e-tronを2015年内に発売

アウディ ジャパンは、ブランド初のプラグインハイブリッドモデル(PHEV)となる「A3スポーツバック e-tron」を、2015年内に販売を開始することを発表した。

【更に詳細は↓】


注目のハイブリッドユニットは、ガソリン直噴ターボの1.4TFSIエンジンに、駆動用の電気モーターと外部から充電が可能な高電圧リチウムイオンバッテリーを組み合わせたもの。ガソリンエンジンは最高出力150ps/最大トルク250Nm、電気モーターは最高出力80kW/最大トルク330Nmで、システムとしては最高出力204ps/最大トルク350Nmを発揮。組み合わされるトランスミッションは、PHEV用に開発された6速Sトロニックで、通常のガソリンエンジン車以上にダイナミックな走りも楽しめる。

また、外部からの充電ができるエネルギー容量8.7kWhのリチウムイオンバッテリーを搭載することで、52.8kmのEV走行が可能。これにより日常域ではガソリンを使わずにゼロエミッションのEVとして利用することが可能で、家庭用200V電源の場合、最大約3時間で充電することができる。EV走行でのエネルギーコストは、通常のガソリン車の2分の1程度と試算されているという。

さらに、ドライブモードを選択できることも特徴で、一般的なハイブリッド走行の「Hybrid Auto」、充電量を維持しながら走行する「Hybrid Hold」、積極的にバッテリー充電を行う「Hybrid Charge」、電気モーターだけで走る「EV」モードの4モードから選択可能。加えて、SトロニックのDとSのシフトモードでも、システムの制御プログラムが変わり、例えば「Hybrid Auto」の場合、Sのシフトモードではアクセルオフ時にエネルギー回生が働くが、Dのシフトモードではドライブシャフトからエンジンと電気モーターが切り離された状態になり、クルマは慣性で走る「滑走」モードとなって走行距離を延ばす。

A3スポーツバック e-tronは、内外装にも専用デザインを採用。エクステリアでは、15スポーク・17インチアルミホイールやフロントのシングルフレームグリル、前後バンパー、サイドスカートなどが専用デザイン。インテリアではダッシュボードとセレクターレバーに専用エンブレムが取り付けられる。

また、メーターパネル左側に配置されたはパワーメーターが装備され、e-tronを象徴するアイテムとなる。これは、ドライブシステム全体の出力と充電を含めた現在の状況を示すもので、エンジン回転数はスピードメーターとパワーメーターの間のディスプレイに表示される。

このほか、標準装備されるMMIナビゲーションプラスに、ハイブリッドシステムのパワーフローを表示するe-tron専用の機能を追加。さらに、ネット環境を介して様々な情報やサービスを得られる「Audi connect」に、車両の現在位置やバッテリーの充電レベル、EVモードでの航続可能距離など、所有車の情報をPCやスマートフォンなどで確認することができる。

なお、A3スポーツバック e-tronは、現在115店舗ある全国のアウディ正規ディーラーうち、55店舗のe-tron店で販売。また、最大61万円のクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費が適用される。
アウディ 初のプラグインハイブリッドのA3 e-tronを2015年内に発売

スポンサーサイト
[ 2015/10/09 10:04 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

アウディe-tronクワトロコンセプトを披露

アウディは9月15日に開幕するフランクフルトショーに、「e-tronクワトロコンセプト」を出展すると明らかにした。今回披露されるのはコンセプトカーだが、量産予定の電気自動車の方向性を示す重要なモデルである。



e-tronクワトロコンセプトは、電気自動車として一から設計されている。ボディは空力に優れるフォルムをクリエイティブなアプローチで実現したとのこと。具体的には、車体の前後左右に可動部品を用い、さらにアンダーフロアは完全に塞ぐことで、Cd値は0.25を達成しているという。0.25というとプリウスと同レベルであり、SUVとしては秀逸だ。

EVシステムは、3モーター式でフロントを1モーター、リアを2モーターで駆動する。車名が示すとおり、クワトロ(4WD)化により、運動性能と安全性の面でライバルを凌駕するとうたう。また航続距離は500kmを超えるとのことだ。

ボディはQ5とQ7の中間ぐらいとかなり大きい。そのため室内スペースは4名乗車でも広々の空間を実現しているとのこと。

バッテリーは大容量のリチウムイオン式をキャビンとアクスルの間に搭載することで、十分な居住スペースと同時に低重心化を実現させている。また重量配分を最適化し、優れたハンドリング性能を追求している。

アウディe-tronクワトロコンセプト披露

[ 2015/08/20 20:06 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

アウディ S8 に「プラス」…605hpツインターボでスーパーカーの領域へ

ドイツの高級車メーカー、アウディは8月5日、『S8 プラス』を欧州で発表した。


同車はアウディの最上級サルーン、『A8』シリーズの頂点に位置する『S8』をベースに、さらなる高性能を追求したモデル。最新のS8は、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの「4.0TFSI」エンジンを搭載。最大出力520hp、最大トルク66.3kgmを引き出す。トランスミッションは、8速ティプトロニック。0-100km/h加速4.1秒、最高速250km/h(リミッター作動)性能を備える。

S8 プラスでは、直噴4.0リットルV型8気筒ガソリンツインターボの4.0TFSIをパワーアップ。最大出力は605hp、最大トルクは71.4kgmを獲得する。この数値は、ベース車両のS8に対して、85hp、5.1kgmの強化にあたる。

さらに、オーバーブーストモードでは、最大トルクが76.5kgmに向上。パワーアップの効果で、S8 プラスの動力性能は、0-100km/h加速3.8秒、最高速305km/h(オプションのリミッター解除時)と、スーパーカーの領域に足を踏み入れる。

内外装も、特別仕立て。専用デザインのトランクスポイラー、グロスブラックグリル、ドイツではマトリックスLEDヘッドライトが標準。室内は、赤いステッチ入りのブラックレザー、ピアノブラックパネル、ステンレスペダルなどが装備されている。

アウディ S8 に「プラス」…605hpツインターボでスーパーカーの領域へ
[ 2015/08/08 11:38 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

アウディ、新ライト技術を発表

アウディは新たなライトシステム「マトリックスOLEDライト」を新開発したと発表した。9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーで披露する。


マトリックスOLEDライトは、これまで実現が困難とされていたレベルまで均質な発光に成功した新世代のライト技術。1000分の1ミリ以下という極薄のレイヤーを3-4ボルトの弱電圧で光らせ、これまでにないライトの見え方を実現している。また発熱量が少なく、ほぼ冷却を必要としないことも自動車への採用において大きなメリットになるという。

アウディはこの新しいライト技術を、カーデザインを進化させる重要な手段として実用化する考え。将来的にブレーキライトやウインカーなどへの利用を考えているようだ。

アウディ、新ライト技術を発表
[ 2015/07/31 20:05 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。