スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

イヴォークのオープンカー デビューは11月

英ランドローバーは、コンパクトSUV「レンジローバーイヴォーク」のコンバーチブルモデルを11月にリリースすると明らかにし、その予告画像を公開した。

【更に詳細は↓】


今回公開されたのは、ロンドンの町並みにたたずむイヴォークコンバーチブルのインスタレーション。SUVモデルというと、青空の大自然が似合うイメージがあるが、スタイリングにこだわったファッショナブルなクルマであることをほのめかすためか、ロケーションはその裏をつくかのように夜の都会が選ばれた。

ロンドンのストリートでは10月2日の夜、実際にイヴォークコンバーチブルのワイヤーフレーム(骨組の模型)が公開された。ブロンプトンロードに面するハロッズデパート前やナイツブリッジ、メイフェアなどがその会場となった。

ワイヤーフレームは実際にランドローバーのデザイナーが1:1サイズで作ったもので、前後シートも再現されるなど実車をイメージできるものとなっている。ぜんぶで6モデルが展示されというから、町ゆく人の視線を集めたに違いない。

この1:1サイズの模型は11月のデビューまで、グローバルツアーに出るとのこと。もしかしたら日本でもその姿が見られるかもしれない。


スポンサーサイト
[ 2015/10/03 20:26 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。