スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【東京モーターショー15】復活のマツダ「RX」…ロータリーエンジン SKYACTIV-R に込めた想い

マツダは10月28日に開幕した東京モーターショー15において、コンセプトスポーツカーのマツダRX-VISION』を初公開した。

【更に詳細2は↓】


マツダは2012年6月をもって、『RX-8』の生産を終了。以来、ロータリーエンジン搭載車は、途絶えていた。RX-VISIONはコンセプトカーではあるが、およそ3年ぶりのロータリーエンジン搭載車の復活となる。

スポンサーサイト
[ 2015/10/29 12:47 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

日産、フェアレディZ を一部仕様向上…エンジンサウンドをよりダイナミックに体感

日産自動車は、スポーツカーの『フェアレディZ』を一部仕様向上し、21日から発売した。


今回の一部仕様向上では、フェアレディZ「Version ST」、「Version T」、「NISMO」のグレードにメーカーオプションとして設定している「BOSEサウンドシステム」に、新たにアクティブ・サウンド・コントロール、およびアクティブ・ノイズ・コントロールを追加設定した。

アクティブ・サウンド・コントロールは、ドライバーがエンジンサウンドをよりダイナミックに感じるよう音質をコントロールすることで、アクセル操作やエンジン回転数に応じた力強いエンジンサウンドを実現。また、アクティブ・ノイズ・コントロールは、エンジンからの不快なこもり音を、室内のルーフ部分に新たに設置した集音マイクで検知し、逆位相の制御音をスピーカーから出力することにより低減、室内の静粛性を高めることにより、リニアで気持ち良いエンジンサウンドが楽しめる。

さらに、ダークブルーのボディカラーに代わり『NISSAN GT-R』でも採用されているオーロラフレアブルーパールを新たに採用した。

価格は6MTが443万7720円から、7M-ATxが454万5720円から。

日産、フェアレディZ を一部仕様向上…エンジンサウンドをよりダイナミックに体感
[ 2015/07/23 11:02 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。