スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

インプレッサセダン コンセプト、19日に世界初公開

次期「スバル インプレッサセダン」のコンセプトモデルが米時間11月18日(日本時間19日)にロサンゼルス・オートショーで世界初公開されることがわかった。富士重工業が10日、発表した。



東京モーターショー2015では「インプレッサ5ドア コンセプト」が披露されたが、続くアメリカのショーではセダンバージョンがベールを脱ぐ。

今回ボディ側面のシルエット画像が公開されたが、フロントからリアにかけて上がっていくウエストラインが特徴的。なだらかなカーブを描くルーフとあいまって、4ドアでありながらクーペのようなスタイリッシュなプロポーションを実現している。

なおスバルでは、本日から専用サイト(http://www.subaru-global.com/2015la.html)で、インプレッサセダン コンセプトの画像やプレスカンファレンスの情報などを配信していくとのこと。
スポンサーサイト
[ 2015/11/12 12:16 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

スバル・レガシィの安全面を強化して10月1日に発売

富士重工業が、スバル レガシィ アウトバック/B4に改良を施して、2015年10月1日より発売する。



今回の改良では安全面強化した。また、上級グレードへはインテリアの質感や機能性を高めたほか、乗り心地や操舵感を向上させている。

具体的には、「アドバンスドセイフティパッケージ」の標準装備。アイサイトでの前方検知に加え、後方や隣車線などから接近する車両をレーダーで検知して、LEDランプの点灯などでドライバーに注意を促す「スバルリヤビークルディテクション(後方警戒支援機能)」と、先行者や対向車を検知してヘッドラインプのハイビームとロービームを自動で切り替えたり、後続車などによる強い光に対して自動的に反射率を切り替える「ハイビームアシスト(自動防眩インナーミラー付)」などで安全をサポートする。

上級グレードの「Limited」には、要望が多いという本革のアイボリー内装を追加した。また、メーカーオプションのハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーションに、Siri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」が対応。さらに「Limited」に採用する「STABLEX-Ride(スタブレックス・ライド)」の減衰特性を見直したほか、ステアリングシステムに最適化を施した。

新しいスバル レガシィ アウトバック/B4の店頭デビューフェアは2015年10月17日(土)と18日(日)に開催する。

レガシィ
価格/
LAGACY OUTBACK:¥3,186,000
LAGACY OUTBACK Limited:¥3,456,000
LAGACY B4:¥2,916,000
LAGACY B4 Limited:¥3,132,000

スバルレガシィ安全面強化して10月1日に発売

[ 2015/09/11 11:19 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

スバル XV 次世代モデルはプラグインハイブリッドに!?

スバルのクロスオーバーSUV『XVクロストレック(日本名:XV)』次世代モデルのプロトタイプを捕捉した。



このプロトタイプは『WRX』とXVのボディをミックスさせたミュールボディだが、カメラマンや関係者からはXVの次世代プラグインハイブリッドモデルの試作車ではないか、との情報が出ている。

現行モデルでは2リットル4気筒の水平対抗エンジン+CVTに、モーター、ニッケル水素電池を組み合わせた「XVハイブリッド」をラインアップするが、プラグインには対応していない。

今回スクープしたプロトタイプの詳細は不明であるものの、外観からはホイールベースが延長され、前後フェンダーは張り出しており、ボディサイズが現行モデルより拡大されるであろうことだけが確認できた。

次世代モデルではプラットフォームを刷新、「SGP」(スバル・グローバル・プラットフォーム)が採用される。

パワーユニットはプラグインハイブリッドモデルの他、水平対向4気筒モデルもラインナップするとされており、ワールドプレミアは2017年と噂される。

スバル XV 次世代モデルプラグインハイブリッドに!?
[ 2015/09/07 13:59 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。