FC2ブログ













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

北米三菱、ランサーの2016モデルを発表

三菱自動車の北米現地法人三菱モーターノースアメリカは現地時間30日、「ランサー」の2016年モデルを発表した。2016年モデルではエクステリアのデザイン変更が施され、装備も充実するなどの進化を遂げている。

【更に詳細は↓】


2016年モデルの内容を紹介する前に「ランサー北米仕様」について振り返っておこう。北米で販売されるランサーは、日本でかつて販売され、絶版となったフォルティスの海外仕様と思っていい。2015年モデルまでは、2リッターNA(148hp)、2.4リッターNA(168hp)を搭載する標準モデルのほか、2リッターターボの4WDモデル「ランサー・ラリーアート」(237hp)も設定され、さらに「ランエボ」(291hp)もラインアップするなど充実していた。

今回発表されたのは標準モデル。主な変更としては、外装の意匠変更(フロントマスクおよびグリルデザインの変更)や内装のデザイン変更(センターコンソール、シート生地)、それに装備の充実など。さらにCVTが新世代の“CVT8”へとアップデイトされ、性能と燃費の向上も図られた。

2016年モデルのラインアップには、生産が終了したランエボの姿はもちろんなく、またそれに近い内容を持つ2リッターターボ・4WDのランサーラリーアートも姿を消している。
北米三菱ランサー2016モデル発表

スポンサーサイト
[ 2015/10/02 10:06 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。