FC2ブログ













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【フランクフルトモーターショー15】マツダ「越 KOERU」公開、クロスオーバーSUV市場に切り込む新提案

マツダは、フランクフルトモーターショー15にて、コンセプトカーの『マツダ KOERU』を世界初公開した。

【詳細は↓】


ボディサイズは全長4600×全幅1900×全高1500mm。ホイールベースは2700mm。デザインテーマ「魂動(こどう)」に基づくエクステリアは、クロスオーバーSUVながら低く構えたクーペスタイルのプロポーションを持ち、「日本の伝統的な美意識にも通じる、研ぎ澄まされた“品格”の表現」にも注力したという。

プレスカンファレンスには、小飼雅道社長が登壇。「ブースには、『CX-5』から『MX-5(日本名:ロードスター)』までマツダの新世代商品を揃えたが、その次のステップとして提示するのが、この KOERU。ここ欧州、そしてグローバルで成長を続けるクロスオーバー市場における新たな挑戦であり、その名の通り、既存の概念や枠組みをえることを意図している」と述べた。

さらに、安全装備であるi-ACTIVSENSEとSKYACTIV技術を採用。マツダが追求を続ける人馬一体の走りを提供するとともに、快適な乗り心地や高い静粛性も実現している。

最後に小飼社長は、「この KOERUにとどまらず、今後も商品ラインアップの進化に挑戦し、ユーザーとの絆を深めるとともにブランド力向上につとめていく」と語った。

フランクフルトモーターショー15】マツダ KOERU公開クロスオーバーSUV市場に切り込む新提案

スポンサーサイト
[ 2015/09/17 11:22 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】 マツダ「越 KOERU」世界初公開へ、新SUVのコンセプト

マツダは、9月17日よりドイツで開幕する「フランクフルトモーターショー」で、クロスオーバーコンセプトマツダKOERU』を世界初公開する。

【詳細は↓】


「越 KOERU」は、クロスオーバーSUVの既存の概念や枠組みを「越える」ことを目指してマツダが開発したコンセプトモデル。デザインテーマ「魂動(こどう)」をベースに、野生動物のような力強い造形を追求するとともに、研ぎ澄まされた品格の表現にも注力し、デザイン表現の進化を図っている。

存在感を増したシグネチャーウイングは強い意志を、奥行きと厚みのあるLED導光リングを採用したヘッドランプは生命力に満ちた瞳を表現。タイトなキャノピーと抑揚のあるボディが織り成す、スピード感のあるボリュームの動きが、既存のクロスオーバーとは異なる独特な存在感を生み出している。

また走行性能も、意のままに操る気持ち良い走りを追求。最新のSKYACTIV技術を全面採用することで、ドライバーの運転操作に対してクルマがリニアに応答する、「人馬一体」の走る歓びを提供する。また、スリークなボディ形状を採用するとともに、床下および車両後方の整流に注力することで、優れた空力特性を実現する。

さらに、室内へ伝達する音と振動を徹底して抑制し、静かで快適な室内空間を提供。既存のクロスオーバーとは一線を画す、洗練された走りの実現を図っている。

フランクフルトモーターショー15】 マツダ「越 KOERU世界初公開へ、新SUVコンセプト
[ 2015/09/16 09:07 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

日産、グリップスの予告映像を公開

日産自動車は、9月15日開幕のフランクフルトモーターショーでワールドプレミアを予定している「Gripz(グリップス)」コンセプトの予告映像公開した。

【詳細は↓】


グリップスは、昔の240Zのサファリラリー仕様および2輪のロードレーサーに着想を得たというクロスオーバーのコンセプトカー。クロスオーバーにスポーツ感を加えた新デザインを提案するとともに、新しいドライビング感覚を実現しているという。



映像では、グリップスのエクステリアがチョイ見できるほか、画像では公開されていなかったメーターの意匠などが見られる。

日産グリップス予告映像公開

[ 2015/09/15 15:12 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

シトロエン、新型DS4の画像を公開 新ボディ追加も

シトロエンは、新型「DS4」の画像公開した。9月15日に開幕するフランクフルトショーで発表する見通しだ。



新型DS4には、ハッチバック仕様(写真)のほか、新たに“クロスバック”と呼ばれる新しいボディバリエーションが設定される。これはプレミアムコンパクトセグメントにおいて、その3割をクロスオーバーと呼ばれる従来のボディタイプに当てはまらない新ジャンルのモデルが占めているため。シトロエンは2010年にDS4を発売し、これまでに11万5000台を出荷したが、新型ではさらなる拡販を目指す考えだ。

新型DS4ハッチバック仕様のボディサイズは全長4.28m×全幅1.81m×全高1.50m。DS4クロスバックは全高が1540mmにまで高められている。

新型ではボディカラーは9色設定され、うち4色が新色となる。またボディとルーフの色の組み合わせパターンは全38種類に及ぶという。エンジンは全6タイプが設定される予定だ。

シトロエン新型DS4画像公開 新ボディ追加

[ 2015/09/02 20:12 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

スズキ、新型車バレーノの新画像を公開

スズキは、2週間後に控えたフランクフルトショーでワールドプレミア予定の新型車バレーノ(Baleno)」の新画像公開した。バレーノはスタイリッシュなスタイリングと広い室内空間の両立を図った5ドアハッチバック車。



軽量かつ高剛性な新型プラットフォームを採用し、エンジンは1リッター直噴ターボユニットを搭載する。このエンジンはスズキ自慢のスマートハイブリッドシステムが組み合わされ、軽快な走りと低燃費を実現するとのこと。

今回フランクフルトショーに出展されるのは市販予定車で、ヨーロッパでは2016年春の発売が予定されている。

スズキ新型車バレーノ新画像公開

[ 2015/09/02 12:09 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。