FC2ブログ













【フランクフルトモーターショー15】BMW M6 に585hpのGT3レーサー、初公開へ

ドイツの高級車メーカー、BMWが現在開発中の新型レーシングカー、『M6 GT3』。同車に関して、デビュー時期が決定した。


これは8月5日、BMWモータースポーツが明らかにしたもの。「M6 GT3を9月、フランクフルトモーターショー15で初公開する」と発表している。

M6 GT3は、BMW『6シリーズクーペ』の高性能モデル、『M6クーペ』をベースにしたモータースポーツ専用車両。FIA(国際自動車連盟)の国際GT3レギュレーションを満たすレーシングカーとなる。BMWは現在、世界各地のGT3カテゴリーのレースに、『Z4』ベースの『Z4 GT3』で参戦中。2016年シーズンから、マシンをZ4 GT3から、M6 GT3に切り替える。

M6 GT3には、市販車のM6クーペ譲りの4.4リットルV型8気筒ツインターボを搭載。最大出力は585hpレベルを引き出す。レース参戦に向けて専用チューニングを施し、シャシーを強化。レース用のトランスミッションやABSが採用される。車両重量は1300kg以下。

M6 GT3は9月15日、フランクフルトモーターショー15でのワールドプレミアと同時に、レース関係者への販売を開始する予定。欧州での価格は、37万9000ユーロ(約5165万円)と公表されている。

【フランクフルトモーターショー15】BMW M6 に585hpのGT3レーサー、初公開へ
[ 2015/08/12 12:02 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

三菱 パジェロ スポーツ 新型、初公開…ダイナミック・シールド顔の3世代目

三菱自動車は8月1日、タイで開幕したバンコク国際自動車展示販売会において、新型『パジェロ スポーツ』を初公開した。


初代パジェロ スポーツは、1996年に誕生。日本市場では、『チャレンジャー』として販売された。2世代目となる現行パジェロ スポーツは、2008年に発表。世界累計販売台数は、およそ40万台に到達している。

今回、バンコク国際自動車展示販売会で初公開される新型は、3世代目モデル。タイのラムチャバン工場場で生産し、今秋のタイを皮切りに、オーストラリア、ASEAN、中東、アフリカ、中南米、ロシアなど、世界およそ90か国で販売される予定。

新型は、「スタイリッシュで快適なオフロードSUV」をテーマに開発。『パジェロ』ブランドを継承した本格オフロードSUVでありながら、洗練された上質なデザイン、上質な走りと快適な居住空間、クラストップレベルの環境性能、先進の予防安全装備などを持ち合せた新世代のミッドサイズSUVとした。

外観はフロントマスクに、三菱の最新デザイン言語、「ダイナミック・シールド」を導入。内装は上級SUVに相応しいハイコンソールプロポーションを採用し、ダイナミックなシルバー加飾や立体的な造形のシートなどにより、高級感を追求する。

エンジンは、パジェロスポーツ初の2.4リットル直列4気筒「MIVEC」ターボディーゼル。三菱車初の8速ATを組み合わせる。4WDシステムは三菱自動車独自の「スーパーセレクト4WD-2」を搭載し、路面状況に応じて走破性と安定性を高めるオフロードモード制御や、ヒルディセントコントロールを採用。三菱は、「燃費は先代比で17%向上させた」と説明している。

三菱 パジェロ スポーツ 新型、初公開…ダイナミック・シールド顔の3世代目
[ 2015/08/04 20:10 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

三菱 パジェロ スポーツ 新型、初公開…ダイナミック・シールド顔の3世代目

三菱自動車は8月1日、タイで開幕したバンコク国際自動車展示販売会において、新型『パジェロ スポーツ』を初公開した。


初代パジェロ スポーツは、1996年に誕生。日本市場では、『チャレンジャー』として販売された。2世代目となる現行パジェロ スポーツは、2008年に発表。世界累計販売台数は、およそ40万台に到達している。

今回、バンコク国際自動車展示販売会で初公開される新型は、3世代目モデル。タイのラムチャバン工場場で生産し、今秋のタイを皮切りに、オーストラリア、ASEAN、中東、アフリカ、中南米、ロシアなど、世界およそ90か国で販売される予定。

新型は、「スタイリッシュで快適なオフロードSUV」をテーマに開発。『パジェロ』ブランドを継承した本格オフロードSUVでありながら、洗練された上質なデザイン、上質な走りと快適な居住空間、クラストップレベルの環境性能、先進の予防安全装備などを持ち合せた新世代のミッドサイズSUVとした。

外観はフロントマスクに、三菱の最新デザイン言語、「ダイナミック・シールド」を導入。内装は上級SUVに相応しいハイコンソールプロポーションを採用し、ダイナミックなシルバー加飾や立体的な造形のシートなどにより、高級感を追求する。

エンジンは、パジェロスポーツ初の2.4リットル直列4気筒「MIVEC」ターボディーゼル。三菱車初の8速ATを組み合わせる。4WDシステムは三菱自動車独自の「スーパーセレクト4WD-2」を搭載し、路面状況に応じて走破性と安定性を高めるオフロードモード制御や、ヒルディセントコントロールを採用。三菱は、「燃費は先代比で17%向上させた」と説明している。

三菱 パジェロ スポーツ 新型、初公開…ダイナミック・シールド顔の3世代目
[ 2015/08/03 12:21 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)