スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

プジョー、新型オープンカーコンセプトを初披露

プジョーは、9月15日にフランクフルトショーで公開予定のコンセプトカー「FRACTAL(フラクタル)」の外観写真を初めて公開した。



フラクタルは、電気モーターで走る4人乗りオープンカーのコンセプトカー。特徴は進化版の「プジョーiコクピット」と呼ばれるインターフェイスを採用すること。プジョーは、2012年に登場した208以降、小径のステアリングホイールやメーター類レイアウトなど、ドライバーの視覚と触覚に関する部分に工夫を凝らすことで運転の楽しみを高める試みを行っているが、フラクタルではそれをさらに発展させている。

そのキーとなるのは、音の演出だ。PSAプジョーシトロエンの開発チームは、フランスの電子サウンドのオーソリティと共同で開発した、13個のスピーカーからなる“9.1.2chシステム”をそれぞれのシートバックに内蔵し、臨場感あふれるダイナミックな音響空間をつくり上げた。このシステムが運転に必要な音を最適なかたちで演出し、安全かつ楽しいドライビングを実現するという。

パワーユニットは、車体前後のモーターと40kWhのリチウムイオン電池を搭載し、システム全体で204hpを発生。航続距離は最大450kmに達するとされる。ボディは全長3.81m×全幅1.77mとコンパクトで、車重は1000kgに収まっているという。


プジョー新型オープンカーコンセプト初披露

スポンサーサイト
[ 2015/09/03 20:37 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

スマート、フォーツーカブリオを初披露

スマートは、9月15日に開幕するフランクフルトショーに新型「フォーツーカブリオ」を出展すると明らかにした。ドイツでは11月中旬に受注が開始され、納車は2016年2月に開始される予定という。



新型「フォーツーカブリオ」は、スライド式のキャンバストップを備えるオープンカー。キャンバストップはワンタッチでオープンにでき、速度を問わず走行中の操作も可能だ。開閉に要する時間は12秒となっている。

さらにルーフバーの脱着も可能で、クローズ、オープン(ルーフバーあり/なし)の3種類のルーフ状態を選べる。なお脱着したルーフバーはトランク内側のテールゲートの内の専用スペースに収納できる。

ソフトトップの色は、ブルーデニム、レッド、ブラックの3種類が設定される。いずれの車体色を選んだ場合もルーフ内側はグレーとなる。

ボディサイズは全長2.69m×全幅1.66m×全高1.55m。エンジンは1リッター3気筒(最高出力71hp、最大トルク91Nm)と、900ccの3気筒(最高出力90hp、最大トルク135Nm)の2種類が設定される。トランスミッションはマニュアルとデュアルクラッチの2種類が設定される。

スマートフォーツーカブリオ初披露

[ 2015/08/31 12:18 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

BMW、コンセプトM4 GTSを初披露

BMWは、M4をベースに、公道を走行でき、サーキットにおいてさらなるパフォーマンスを発揮する「コンセプトM4 GTS」を開発し、米カリフォルニアで開幕したペブルビーチ コンクールデレガンスで披露した。



コンセプトM4 GTSは、BMWのMディビジョンがこれまでに手掛けてきたM3スペシャルモデルの流れを受け継ぐとされるモデル。1972年に設立されたMディビジョンはこれまでに、M3エボリューション(1988)やM3スポーツエボリューション(1990)、M3 GT(1995)、M3 CSL(2003)、M3 GTS(2010)、M3 CRT(2011)など、M3をベースとする数々の高性能バージョンを世に送り出してきた。

コンセプトM4 GTSも同様に、もとより高性能なM4の性能にさらに磨きをかけたモデル。公道走行も可能ながら、モータースポーツの血統を受け継ぎ、機能性をさらに際立たせたモデルとなっている。

外装は、手動調整式のフロントスプリッターや大型リアウイングをはじめ、カーボンファイバー製のボンネットやフロントアクスルのリフトを低減するワイドフロントエアインテークなどを備える。タイヤサイズはフロントが265/35R19、リアは285/30R20と前後異径サイズを装着する。

機能面では、MotoGPのセーフティカーで実績があり、出力やトルクの向上に寄与するウォーターインジェクションシステムを採用する。これはインテークマニフォールドに水を効果的に吹き付けることで、燃焼室に入るエアを冷却し、ノッキングの低減やターボのハイブースト化に効果があるというもの。

またリアコンビネーションランプには、OLEDと呼ばれる、従来のLEDよりも薄型で均質な発光を実現できるライトテクノロジーを採用している。

このようにコンセプトM4 GTSは、Mディビジョンがこれまでの技術開発で蓄積してきた新世代テクノロジーの集大成といえるモデル。これらの新技術は今後の市販モデルへのフィードバックが期待できそうだ。

BMWコンセプトM4 GTS初披露

BMW コンセプトM4 GTS 初披露
[ 2015/08/17 12:10 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

レクサス、ペブルビーチで2モデルを初披露

レクサスは8月13日より16日にかけて米カリフォルニア州ペブルビーチで開催されるコンクール・デレガンスにおいて、改良モデル2車種をワールドプレミアすると明らかにした。


毎年8月に開催されるペブルビーチ・コンクール・デレガンスは、クラシックカー・オーナーが自慢の愛車を展示し、有識者がその美しさや保存状態、個体の背景などを総合的に評価し、優れた出展車を表彰するもの。コンクール自体は日曜日に行われるが木曜日から週末にかけて、さまざまな自動車の展示やモータースポーツ同好会、オークションなども行われる。その格式と注目の高さから、近年では自動車メーカーがニューモデルのお披露目の場として利用することが増えている。

レクサスのニューモデル2台は木曜日の午後7時にアンベールが予定されている。車種については明らかにされていないが、1台はSUVの最上級モデル「LX570」のフェイスリフトモデルでは、とみられている。


レクサス、ペブルビーチで2モデルを初披露
[ 2015/08/11 20:36 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。