スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【フランクフルトモーターショー15】アバルトとヤマハが共同開発、595 ワークス仕様…160hpに強化

イタリアのフィアットの高性能ブランド、アバルトは9月15日、ドイツで開幕したフランクフルトモーターショー15において、アバルト595』の「ヤマハ・ファクトリー・レーシング・エディション」を初公開した。

【詳細は↓】


同車は、フィアット『500』の高性能車、アバルト595をベースに、ヤマハの二輪ワークスチームのイメージを反映させた特別モデル。

アバルトと「チーム・モビスター・ヤマハ」は、協力関係にある。ヤマハ・ファクトリー・レーシングのワークスチーム、モビスター・ヤマハは2014年から、世界最高峰の二輪レース、「Moto GP」に参戦している。

アバルト595ヤマハ・ファクトリー・レーシング・エディションは、アバルトとヤマハが共同開発。1.4リットル直列4気筒ガソリンターボをチューニング。最大出力を140hpから20hp引き上げ、160hpとした。

さらに、BMCフィルター、KONI製ダンパー、アイバッハ製スプリング、レコードモンツァのエグゾーストを装備。17インチのマットブラックアルミホイール、フラットボトムステアリングホイール、レザーシート、アルミペダルも採用されている。

フランクフルトモーターショー15】アバルトとヤマハが共同開発595 ワークス仕様…160hp強化
スポンサーサイト
[ 2015/09/18 19:21 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

スバル・レガシィの安全面を強化して10月1日に発売

富士重工業が、スバル レガシィ アウトバック/B4に改良を施して、2015年10月1日より発売する。



今回の改良では安全面強化した。また、上級グレードへはインテリアの質感や機能性を高めたほか、乗り心地や操舵感を向上させている。

具体的には、「アドバンスドセイフティパッケージ」の標準装備。アイサイトでの前方検知に加え、後方や隣車線などから接近する車両をレーダーで検知して、LEDランプの点灯などでドライバーに注意を促す「スバルリヤビークルディテクション(後方警戒支援機能)」と、先行者や対向車を検知してヘッドラインプのハイビームとロービームを自動で切り替えたり、後続車などによる強い光に対して自動的に反射率を切り替える「ハイビームアシスト(自動防眩インナーミラー付)」などで安全をサポートする。

上級グレードの「Limited」には、要望が多いという本革のアイボリー内装を追加した。また、メーカーオプションのハーマンカードンサウンドシステム&SDナビゲーションに、Siri対応の音声認識機能「Siri Eyes Free(アイズフリー)」が対応。さらに「Limited」に採用する「STABLEX-Ride(スタブレックス・ライド)」の減衰特性を見直したほか、ステアリングシステムに最適化を施した。

新しいスバル レガシィ アウトバック/B4の店頭デビューフェアは2015年10月17日(土)と18日(日)に開催する。

レガシィ
価格/
LAGACY OUTBACK:¥3,186,000
LAGACY OUTBACK Limited:¥3,456,000
LAGACY B4:¥2,916,000
LAGACY B4 Limited:¥3,132,000

スバルレガシィ安全面強化して10月1日に発売

[ 2015/09/11 11:19 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。