FC2ブログ













トヨタ プリウス 新型、早くもカスタマイズへ…WALD

トヨタ自動車が9月上旬、米国ラスベガスで初公開した新型プリウス』。同車のカスタマイズパーツが、早くも登場する。

【更に詳細は↓】


これは、「WALD」が公式サイトで明らかにしているもの。「近日リリース開始」として、新型プリウスカスタマイズパーツを予告している。

新型プリウスの日本国内での発表は、10月28日に開幕する東京モーターショー15が有力。先代モデル同様、大ヒットが予想されることから、カスタマイズを手がける各社も、独自パーツの開発に力を注ぐ。

WALDでは、「SPORTS LINE」ブランドから、新型プリウスカスタマイズパーツを発売する予定。その実車のイメージ画像を、公式サイトを通じて配信した。

市販モデルに対して、フロントアンダースポイラーやサイドスカートを追加。アルミホイールも変更されているのが見て取れる。
トヨタ プリウス 新型、早くもカスタマイズへ…WALD
[ 2015/10/08 09:11 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】VW ティグアン 新型、擬装なし…海外メディアがスクープ

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンが9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15でワールドプレミアする新型ティグアン』。同車の擬装のない姿が、海外メディアによって捉えられた。

【詳細は↓】


これは9月上旬、自動車メディアの『CAR SCOOPS』が伝えたもの。同メディアの読者が、新型ティグアンのフルヌード姿の撮影に成功。画像を同メディアに投稿し、ネット上で公開された。

今回のスクープ写真は、カナダ・バンクーバーで撮影されたもの。同メディアによると、広報用の素材の撮影を行っていたという。

欧州では、トヨタ『RAV4』、ホンダ『CR-V』、マツダ『CX-5』などの日本車と競合する小型SUV、ティグアン。同メディアがスクープした画像からは、新型が現行型に対して、大幅にプレミアム性を引き上げて登場するのが見て取れる。

フランクフルトモーターショー15】VW ティグアン 新型擬装なし…海外メディアがスクープ

[ 2015/09/15 19:09 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

プジョー、新型オープンカーコンセプトを初披露

プジョーは、9月15日にフランクフルトショーで公開予定のコンセプトカー「FRACTAL(フラクタル)」の外観写真を初めて公開した。



フラクタルは、電気モーターで走る4人乗りオープンカーのコンセプトカー。特徴は進化版の「プジョーiコクピット」と呼ばれるインターフェイスを採用すること。プジョーは、2012年に登場した208以降、小径のステアリングホイールやメーター類レイアウトなど、ドライバーの視覚と触覚に関する部分に工夫を凝らすことで運転の楽しみを高める試みを行っているが、フラクタルではそれをさらに発展させている。

そのキーとなるのは、音の演出だ。PSAプジョーシトロエンの開発チームは、フランスの電子サウンドのオーソリティと共同で開発した、13個のスピーカーからなる“9.1.2chシステム”をそれぞれのシートバックに内蔵し、臨場感あふれるダイナミックな音響空間をつくり上げた。このシステムが運転に必要な音を最適なかたちで演出し、安全かつ楽しいドライビングを実現するという。

パワーユニットは、車体前後のモーターと40kWhのリチウムイオン電池を搭載し、システム全体で204hpを発生。航続距離は最大450kmに達するとされる。ボディは全長3.81m×全幅1.77mとコンパクトで、車重は1000kgに収まっているという。


プジョー新型オープンカーコンセプト初披露

[ 2015/09/03 20:37 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

ルノー、9月15日に新型メガーヌを公開

新型ルノー メガーヌが9月15日に開幕するフランクフルトショーで公開されることが明らかになった。ルノーは現地時間15日午後2時にフランクフルトショー会場で記者会見を開き、新型メガーヌを初披露すると発表。カルロス・ゴーンCEOが新型のアンベールを行う予定だ。



2008年に登場した現行メガーヌは、第3世代目にあたりメガーヌIIIとも呼ばれる。バリエーションは5ドアハッチバックのほかクーペ、エステート、クーペカブリオレ、スポーティ版のメガーヌRSをラインアップする。

ルノー新型メガーヌのほか2016年前半に発売予定のアッパーミドルクラスのセダン/エステート「タリスマン」の出展なども予定している。

※写真はメガーヌハッチバックの現行モデル。

ルノー、9月15日に新型メガーヌを公開

[ 2015/09/01 11:01 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

ホンダ NSX 新型、青と黒の新仕様を初公開…オプションの内容も判明

ホンダの高級車ブランド、アキュラは8月14日、米国カリフォルニア州で開幕した「モンテレー・カー・ウィーク」の一大イベント、「Quail」において、新型NSX』の新仕様初公開した。



これまで、ホンダとアキュラは、世界のモーターショーにおいて、主に赤(バレンシア・レッドパール)の新型NSXを展示してきた。今回は、青(ノーブル・ブルーパール)と黒(ベルリナ・ブラック)の新型NSXが、初公開されている。

また、この2台の新型NSXには、市販車に用意されるオプションパッケージを初めて装着。「カーボンエクステリアパッケージ」として、カーボンファイバー製のフロントリップスポイラー、サイドシル、リアディフューザー、エグゾーストフィニッシャーがセットされた。

さらに、「NSXカーボンエンジンカバー」も装着。フロント、サイド、およびリアのエンジンカバーが、カーボンファイバー製となる。別途、カーボンルーフも設定される。専用デザインのアルミホイールや、セラミックブレーキローター&シルバーおよびブラックのキャリパーも、オプションで選択可能。

室内には、「インテリアカーボンスポーツパッケージ」を装着。メーターバイザーとステアリングガーニッシュがカーボンファイバーになる他、アルミ製フットレストとスポーツペダルが奢られる。

ちなみに2台の内装色は、ボディカラーが青(ノーブル・ブルーパール)はオーキッド、黒(ベルリナ・ブラック)はサドルを組み合わせていた。

ホンダ NSX 新型青と黒新仕様初公開オプションの内容も判明

[ 2015/08/21 20:45 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)