スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)の10ベストカーが発表、最終選考は12月7日

日本カー・オブ・ザ・イヤー(COTY)実行委員会は11月6日、2015-2016日本カー・オブ・ザ・イヤーの10ベストカー発表した。10ベストカーは選考委員の投票によって決定。イヤーカーはこれら10車の中から選ばれ、12月7日に決定する。



ノミネート車は、2014年10月1日から2015年10月31日までに発表または発売され、年間の販売台数が500台以上見込まれている乗用車が対象となる。一次選考により上位10車を日本カー・オブ・ザ・イヤー最終選考の候補車としてノミネートされる。

スポンサーサイト
[ 2015/11/09 12:04 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

新型MINIコンバーチブルの概要を発表 東京MSでお披露目

MINIは、東京モーターショーで披露する新型MINIコンバーチブルの概要を明らかにした。4代目となる新型は、4人乗りのオープンカーという基本パッケージは変えず、サイズアップした新たなプラットフォームをベースに、デザインや機能性、安全性、環境性能などを進化させている。

【更に詳細2は↓】


エクステリアは、クラシックMINIから受け継ぐ丸形ヘッドライトやそれを取り囲むクロームメッキ、大径ラジエターグリルなどを継承しながら、上質さとスポーティさのバランスを図っている。なおボディカラーには新たにカリビアンアクアメタリック(写真)という新色が設定される。


[ 2015/10/25 13:07 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

北米三菱、ランサーの2016モデルを発表

三菱自動車の北米現地法人三菱モーターノースアメリカは現地時間30日、「ランサー」の2016年モデルを発表した。2016年モデルではエクステリアのデザイン変更が施され、装備も充実するなどの進化を遂げている。

【更に詳細は↓】


2016年モデルの内容を紹介する前に「ランサー北米仕様」について振り返っておこう。北米で販売されるランサーは、日本でかつて販売され、絶版となったフォルティスの海外仕様と思っていい。2015年モデルまでは、2リッターNA(148hp)、2.4リッターNA(168hp)を搭載する標準モデルのほか、2リッターターボの4WDモデル「ランサー・ラリーアート」(237hp)も設定され、さらに「ランエボ」(291hp)もラインアップするなど充実していた。

今回発表されたのは標準モデル。主な変更としては、外装の意匠変更(フロントマスクおよびグリルデザインの変更)や内装のデザイン変更(センターコンソール、シート生地)、それに装備の充実など。さらにCVTが新世代の“CVT8”へとアップデイトされ、性能と燃費の向上も図られた。

2016年モデルのラインアップには、生産が終了したランエボの姿はもちろんなく、またそれに近い内容を持つ2リッターターボ・4WDのランサーラリーアートも姿を消している。
北米三菱ランサー2016モデル発表

[ 2015/10/02 10:06 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

ルノー メガーヌRS CUP S 発表、「瞬殺」の限定車再び 456万円

ルノー・ジャポンは10月30日より『メガーヌ ルノースポール(以下メガーヌRS)CUP S』を60台限定で発売する。価格は456万円。

【詳細は↓】


メガーヌ ルノースポール CUP-S は、ニュルブルクリンクサーキットでFF 市販車最速タイムを更新したメガーヌ ルノースポールのトップモデル『メガーヌ ルノー・スポール トロフィーR』と同じパワートレーンを搭載。これに、オーリンズ製ダンパー、アクラポヴィッチ製チタンマフラーなどを装備し、本格的な走りを追求した。

同社は昨年末、メガーヌRSトロフィーシリーズを限定車として発売、大変好評だったという。その中でもニュルブルクリンクでFF市販車最速レコードを出したモデルと同スペックのトロフィーRは、「発表当日に限定台数(60台)をオーバーし、抽選になった。まさに瞬殺で完売だった」とは、同社代表取締役社長の大極司氏の弁。

「その後もこのトロフィーシリーズの購入希望の声が多くあることから、ルノースポール社と相談し、もう一度限定車を投入しようと、トロフィーシリーズの流れを汲んだCUP Sを日本専用の限定車として導入する」と話す。

同社マーケティング部の近棟伸邦さんは、CUP Sのコンセプトを、「ニュルブルクリンク最速の血統を持つ究極の5シーターモデルだ」と述べる。

これまでメガーヌRSは3回最速ラップを記録している。最初は2008年の『メガーヌR26R』だ。これは2シーター化、カーボンボンネット、アクリルウインドウの装着などにより徹底した軽量化を施したモデルで、当時FF市販車最速の8分17秒を記録。次にエンジン出力を250馬力から265馬力へアップしたスペシャルモデル『メガーヌRSトロフィー』で、2011年に8分7秒97を記録した。3回目は、2014年に『メガーヌRSトロフィーR』を駆り、FF初の8分の壁を破る7分54秒36を記録した。これも2シーターモデルで、軽量化を施し、エンジンの出力を265馬力から273馬力にアップ。更にアクラボヴォビッチ製マフラーやオーリンズ性の調整式ダンパーを奢ったスペシャルモデルで、これこそが昨年末60台を“瞬殺”で売り切ったモデルなのだ。

そして、CUP Sは、「これらニュルブルクリンク最速の歴史、血統に相応しい専用の仕様、装備を持っている」と近棟さん。

エンジンは、トロフィーRと同じ273馬力(標準車は265馬力)。しかし、「馬力よりも高速域でのトルクの増強が肝だ」と話す。実際に5500回転で10Nmのトルクアップを実現した。

「トロフィーRで最速ラップを記録したルノーのテストドライバー、ロラン・ウルゴン氏の、5000から5500回転付近でのトルクアップがタイムアップには重要だとのアドバイスをもとに開発したエンジン。これは、タイムアップに関わる重要なファクターだ」と語った。
ルノー メガーヌRS CUP S 発表、「瞬殺」の限定車再び 456万円
[ 2015/09/24 20:08 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

アウディ、新ライト技術を発表

アウディは新たなライトシステム「マトリックスOLEDライト」を新開発したと発表した。9月にドイツで開催されるフランクフルトモーターショーで披露する。


マトリックスOLEDライトは、これまで実現が困難とされていたレベルまで均質な発光に成功した新世代のライト技術。1000分の1ミリ以下という極薄のレイヤーを3-4ボルトの弱電圧で光らせ、これまでにないライトの見え方を実現している。また発熱量が少なく、ほぼ冷却を必要としないことも自動車への採用において大きなメリットになるという。

アウディはこの新しいライト技術を、カーデザインを進化させる重要な手段として実用化する考え。将来的にブレーキライトやウインカーなどへの利用を考えているようだ。

アウディ、新ライト技術を発表
[ 2015/07/31 20:05 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。