FC2ブログ













スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

三菱 ランエボ、米国最終モデルの第一号車がオークションに出品中

三菱自動車の米国法人、三菱モータースノースアメリカは11月12日、『ランサー エボリューション』の最終仕様「ファイナル エディション」最初の1台を、チャリティオークションに出品すると発表した。



ランサー エボリューションに関しては、日本でもファイナル エディションの先行予約を4月10日に開始。限定1000台はすでに完売しており、8月20日から納車が始まった。10月に発表された米国向けのファイナル エディションでは、日本を600台上回る1600台を限定発売。米国のファンの熱い期待に応える。

米国仕様のファイナルエディションでも、日本同様、「GSR」グレードの5速MT車がベース。ただし、2.0リットル直列4気筒ガソリンターボエンジンは、最大出力303hp/6500rpm、最大トルク42.2kgm/4000rpm。日本向けの313ps、43.7kgmに対しては、若干抑えられたスペックとなる。

スポンサーサイト
[ 2015/11/18 08:44 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

トヨタ アクア、米国で2016年型…ブラック+グリーンの特別モデル

トヨタ自動車の米国法人、米国トヨタ販売は10月16日、2016年モデルの『プリウスc』(日本名:『アクア』)を発表した。

日本では、『プリウス』と独立した車名のアクアとして販売中。米国では導入以来、プリウスファミリーの一員のプリウスcとして販売されている。

【更に詳細2は↓】


[ 2015/10/24 11:05 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

ポルシェ、伝説のマシン 917K をレストア…40年ぶりに米国のサーキットを走行

ポルシェAGは、ヒストリックレーシングカーのレストアサービスをドイツと米国で開始。第1弾としてレストアした「ポルシェ917K」が40年ぶりに米国サーキット走行する。

【詳細は↓】


ポルシェ917Kは、1971年のスパ・フランコルシャン1000kmレースで伝説的優勝を飾ったマシン。ワトキンズグレンなど米国でも成功を収めた後、2009年にガルフカラーに塗装されてツッフェンハウゼンのミュージアムに収蔵された。今回のレストアでは、ポルシェ ミュージアムアーカイブなどの膨大な資料を使用して、かつてのポルシェ従業員を含めた熟練メカニックたちが遂行し、1971年の状態に蘇らせた。

このポルシェ917Kは、ラグナ・セカで9月25日~27日に開催されるポルシェ ヒストリックレーシングカーによる世界最大のイベント「レンシュポルト・リユニオン」にエントリー。40年の時を経て米国サーキットに復帰する。
ポルシェ、伝説マシン 917Kレストア…40年ぶりに米国サーキット走行

[ 2015/09/28 12:08 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

ホンダ シビック 次期型、間もなく米国で初公開か

ホンダが今秋、米国市場へ投入する次期『シビック』。同車が間もなく、米国で発表される可能性が出てきた。



これは8月下旬、米国の自動車メディア、『Automobile』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「次期シビックは9月16日、米国デトロイトとロサンゼルスで初公開される」と伝えている。

ホンダ米国法人、アメリカンホンダは6月下旬、次期シビックのパワートレインに関する一部情報を公表。次期シビックには、2種類の新開発ガソリンエンジンが設定される。

そのうちの1エンジンは、ターボユニット。また、次期シビックでは、クラスをリードする燃費性能が追求される。EPA(米国環境保護局)高速燃費は、40マイル/ガロン(約17km/リットル)以上が目標。

アメリカンホンダは4月、ニューヨークモーターショー15に次期シビックを示唆した『シビック コンセプト』を出品。また次期型では、米国市場で久々にハッチバックモデルが復活することが決定しており、4ドアセダン、2ドアクーペ、ハッチバックの3ボディが用意されることになる。

ホンダ シビック 次期型 米国 初公開
[ 2015/09/07 10:54 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

フォルクスワーゲン、米国向け全車に自動ブレーキを設定

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは7月29日、米国向けの2016年モデル全車に、自動ブレーキなどの安全装備を設定すると発表した。


自動ブレーキをはじめとするドライバー・アシスタンス・システムは従来、米国では最上級SUVの『トゥアレグ』だけに用意されていた。2016年モデルからは、全車種に拡大展開する。

具体的には、『ザ・ビートル』、『CC』、『ゴルフ』シリーズ、『ジェッタ』などで、ドライバー・アシスタンス・システムが標準またはオプションで装備できるようになった。

車種に応じて、アダプティブ・クルーズ・コントロール、前面衝突警告&自動緊急ブレーキ、ブラインド・スポット・モニター、車線逸脱警告などが用意される。

また、2016年モデルでは、リアビューカメラの標準化を、さらに推進。全ラインナップのおよそ85%が、リアビューカメラを標準装備している。

フォルクスワーゲン、米国向け全車に自動ブレーキを設定
[ 2015/08/07 11:07 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。