スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

レクサス、ボール紙のクルマで匠の技を表現

レクサスの英国法人は現地時間5日、ボール紙で製作した1/1スケールのモデルカー“オリガミカー(Origami Car)”を披露した。

【更に詳細は↓】


レクサスの生産ラインで働く“”と呼ばれる熟練工は、利き腕ではない手だけを使って器用に折り紙の猫を作る達人のから、その手さばきを学んでいるとのこと。オリガミカーは、そうした術向上の探求心を高める取り組みとして製作されている。

製作にあたってはプロのデザイナーやモデルラー、ボール紙加工の専門家などのプロフェッショナルが力を結集。レーザーで厳密にカットされた1700枚のボール紙を組み合わせ、細部まで忠実に再現している。トライ&エラーの繰り返しで、完成にこぎ着けたという。

驚くことに内装もしっかり作られており、ドアの開閉まで可能という。さらにホイールはちゃんと回転するように作られており、スチールとアルミでできたフレームに電気モーターを搭載し、実際に走らせることもできるという。

このオリガミカーは10月8日にバーミンガムで行われるデザインの祭典“グランドデザインズライブ”において、一般公開が予定されている。
レクサスボール紙クルマ表現

スポンサーサイト
[ 2015/10/08 20:14 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。