スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

マツダ、ロードスター と デミオ にモータースポーツ用ベース車両を設定

マツダは、『ロードスター』と『デミオ』にモータースポーツのベース車2機種を追加し、ロードスターは10月15日より、デミオは10月22日より発売する。

【詳細は↓】


ロードスター NR-A」は、ワンメイクレースへの参加などサーキット走行を想定して、車高調整機能付きビルシュタイン社製ダンパーを採用するなど一部仕様を変更。また大容量ラジエーター、大径ブレーキなどを採用して冷却性と耐久性を向上している。

デミオ 15MB」は、ジムカーナやダートトライアルへの参加などを想定し、1.5リットルガソリンエンジン「SKYACTIV-G1.5」を搭載。「4-2-1 排気システム」を採用するなど、力強いトルクと高効率を実現した。さらに6速のSKYACTIV-MTや大径ブレーキを採用し、各種モータースポーツで意のままに操れる仕様としている。

価格はロードスターNR-Aが264万6000円、デミオ15MBが150万1200円、同ユーティリティパッケージ付が156万6000円。いずれもナンバーを取得して公道走行が可能。
マツダロードスターデミオモータースポーツ用ベース車両設定

スポンサーサイト
[ 2015/09/25 19:21 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

フォルクスワーゲン、米国向け全車に自動ブレーキを設定

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンは7月29日、米国向けの2016年モデル全車に、自動ブレーキなどの安全装備を設定すると発表した。


自動ブレーキをはじめとするドライバー・アシスタンス・システムは従来、米国では最上級SUVの『トゥアレグ』だけに用意されていた。2016年モデルからは、全車種に拡大展開する。

具体的には、『ザ・ビートル』、『CC』、『ゴルフ』シリーズ、『ジェッタ』などで、ドライバー・アシスタンス・システムが標準またはオプションで装備できるようになった。

車種に応じて、アダプティブ・クルーズ・コントロール、前面衝突警告&自動緊急ブレーキ、ブラインド・スポット・モニター、車線逸脱警告などが用意される。

また、2016年モデルでは、リアビューカメラの標準化を、さらに推進。全ラインナップのおよそ85%が、リアビューカメラを標準装備している。

フォルクスワーゲン、米国向け全車に自動ブレーキを設定
[ 2015/08/07 11:07 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。