スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

【フランクフルトモーターショー15】トヨタ、5ドア仕様の C-HRコンセプト を出展

トヨタ自動車は、ドイツで9月15日より開幕した「フランクフルトモーターショー」に、新世代のコンパクトクロスオーバー『C-HRコンセプト』の5ドア仕様出展した。

【詳細は↓】


C-HRコンセプトは、ダイヤモンドをモチーフにしたデザインで、軽快さと力強さが大胆に融合したスタイリングを実現。「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのトヨタ独自のデザイン表現に進化を与え、個性を際立たせている。

今回は、2014年9月に公開した同名のコンセプトカーから、より市販化に近づけたデザインスタディとして、外板色を変更(含むブラックルーフ化)するとともに5ドア仕様とした。

また、「Toyota New Global Architecture(TNGA)」の取り組みにより高いボディ剛性を追求し、操縦安定性・乗り心地の向上を図る。さらにエンジンの最大熱効率40%以上を追求するとともに、モーター、電池などハイブリッドシステムのコンパクト化・軽量化を図り、一層の低燃費実現を目指す。

なお、C-HRコンセプトの市販想定モデルは、2016年3月開催のジュネーブモーターショーで公開を予定している。

フランクフルトモーターショー15】トヨタ5ドア仕様C-HRコンセプト出展
スポンサーサイト
[ 2015/09/16 11:10 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】トヨタ の小型クロスオーバー、C-HR コンセプト…進化版を初公開へ

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは9月1日、ドイツで9月15日に開幕するフランクフルトモーターショー15において、『C-HRコンセプト』の新仕様を初公開すると発表した。



C-HRコンセプトは2014年秋、パリモーターショー14でワールドプレミア。同車は、トヨタが提案する新世代コンパクトクロスオーバーのデザインスタディ。軽快さと力強さを大胆に融合したスタイリングが特徴となる。

目を見張るのは、ダイヤモンドをモチーフとしたキャビン形状と、多面体のような精彩で彫りの深いボディ下部の造形。フロントはトヨタ独自の表情である「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのデザインをさらに発展させ、今後のトヨタデザインの方向性を提示した。

フランクフルトモーターショー15では、このC-HRコンセプトの新仕様が初公開される予定。現時点では、詳細は公表されていないが、パワートレインに関しては、「ハイブリッド」とだけ、発表されている。

フランクフルトモーターショー15】トヨタ小型クロスオーバーC-HR コンセプト進化版初公開

[ 2015/09/04 08:08 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。