スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

BMW M4 GTS、東京MSで世界初公開

BMWは今月28日に開幕する東京モーターショー(一般公開日:10月30日-11月8日)で、M4クーペの性能をさらに引き上げた限定車「M4 GTS」の市販モデルをワールドプレミアする。

【更に詳細は↓】


M4 GTSは、サーキットでのパフォーマンスを主に追求したモデルで、M3の30周年を記念して700台限定で生産される。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースのラップタイムは7分28秒をマークしたとのことだ。

M4 GTSのエンジンは、M3やM4と共通の3リッター直列6気筒ターボだが、ウォーターインジェクションシステムの採用により、スペックは最高出力500hp、最大トルク600Nmへと引き上げられている。0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は305km/hと公表される。

さらに内外装は大掛かりな軽量化されている。内装は、カーボンファイバー製バケットシートをはじめ、軽量タイプのセンターコンソールやドア、ドアパネルを採用。ダッシュボード内部のパイプにもカーボンファイバー素材を用いる徹底ぶりだ。

外装は、新設計のボンネット、ルーフ、調整式のフロントスプリッター、リアディフューザーなどにカーボンファイバーを採用。リアウイングには軽量化と耐久性を両立した素材を使い、マフラーはチタン製としている。これらの軽量化の結果、車重は1510kgに収まっているとのこと。また、リアコンビネーションランプにはBMWの市販車で初めてOLEDライトを取り入れているのも注目すべきポイントだ。
BMW M4 GTS、東京MSで世界初公開

スポンサーサイト
[ 2015/10/09 20:06 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。