スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

VWの排ガステスト不正問題、全世界に拡大…1100万台の可能性も

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲングループが、米国の排出ガステストをクリアする目的で、違法なソフトウェアを使用していた問題。この問題が米国だけにとどまらず、全世界拡大した。

【詳細は↓】


これは9月22日、フォルクスワーゲングループが明らかしたもの。同社は、違法なソフトウェア装着車について、「全世界のおよそ1100万台が含まれる可能性がある」と公表している。

この問題は9月18日、米国EPA(環境保護庁)が発表。フォルクスワーゲングループが、米国の排出ガステストの際、違法なソフトウェアを使用。このソフトウェアはテスト時に、排出ガス浄化機能をフル稼働できる。しかし、このソフトウェアを用いると、通常の走行時の排出ガス浄化機能は、大幅に低下。排出ガス中の有害物質のひとつ、NOx(窒素酸化物)は、米国の排出ガス基準の10-40倍にも達するという。

今回のフォルクスワーゲングループの発表によると、違法なソフトウェアが装着されていたのは、「EA189」型と呼ばれる直列4気筒ターボディーゼル「TDI」エンジン。フォルクスワーゲン車をはじめ、アウディ車など、グループ各車に広く搭載されている主力エンジンのひとつ。

米国では2009-2015年モデル、およそ48万2000台が該当。今回、フォルクスワーゲングループが発表した約1100万台という数字は、この問題が全世界に広がる大規模なものになることを示している。

VW排ガステスト不正問題全世界拡大…1100万台の可能性も
スポンサーサイト
[ 2015/09/24 10:06 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】VW ティグアン 新型、擬装なし…海外メディアがスクープ

欧州の自動車最大手、フォルクスワーゲンが9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15でワールドプレミアする新型ティグアン』。同車の擬装のない姿が、海外メディアによって捉えられた。

【詳細は↓】


これは9月上旬、自動車メディアの『CAR SCOOPS』が伝えたもの。同メディアの読者が、新型ティグアンのフルヌード姿の撮影に成功。画像を同メディアに投稿し、ネット上で公開された。

今回のスクープ写真は、カナダ・バンクーバーで撮影されたもの。同メディアによると、広報用の素材の撮影を行っていたという。

欧州では、トヨタ『RAV4』、ホンダ『CR-V』、マツダ『CX-5』などの日本車と競合する小型SUV、ティグアン。同メディアがスクープした画像からは、新型が現行型に対して、大幅にプレミアム性を引き上げて登場するのが見て取れる。

フランクフルトモーターショー15】VW ティグアン 新型擬装なし…海外メディアがスクープ

[ 2015/09/15 19:09 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。