FC2ブログ













日本発売は? ホンダ新型クロスオーバーSUVの行方

厳重な擬装で現れた一台のクロスオーバーSUV。取材の結果、ホンダが2015年4月の上海モーターショーで公開した中国向け新型クロスオーバーSUV『コンセプトD』の市販バージョンである事が分かった。



コンセプトモデルでは鋭いヘッドライト、そこから大型グリルへ伸びるLEDストリップライト、張り出したフェンダー、バンパーの大型エアインテークなど、アグレッシブでスポーティーなデザインを見せてくれたが、この擬装では詳細は不明だ。

しかしながら低めに設定された車高やワイドなボディはかなり反映されているようで、生産モデルの公開が楽しみであり、中国市場専用モデルなのが非常に残念だ。

現在、開発及びテストは欧州でされており、将来的に日本を含めたワールドワイドな展開もあり得るかも知れない。

ボディはホンダでは最大級のサイズで、日本で発売されていないポジションだけに、尚更興味が惹かれる。

日本発売は? ホンダ新型クロスオーバーSUV行方

[ 2015/09/09 20:15 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

次期プリウス、明日お披露目 ライブ配信も

トヨタ自動車の米国法人は現地時間9月8日午後9時(日本時間9月9日午後1時)に、新型プリウスをワールドプレミアすると発表した。



新型プリウスは、その核となる技術であるハイブリッドシステムになにか革新を秘めている模様。気になる燃費は? そして新型のスタイリングは? 気になるニューモデルのお披露目の模様は、下記のURLで動画配信される。

http://livestream.com/Toyota/2016Prius

次期プリウス、明日お披露目 ライブ配信

[ 2015/09/09 11:10 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】日産、新クロスオーバーコンセプトを初公開へ

9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15。同ショーにおいて、日産自動車が新たなコンセプトカーを初公開する。

これは9月7日、欧州日産が明らかにしたもの。「フランクフルトモーターショー15に、新しいクロスオーバーコンセプトを出品する」と発表している。



日産は欧州クロスオーバー車の市場において、成功を収めてきた。『ジューク』をはじめ、『キャシュカイ』や『エクストレイル』が顧客に支持され、欧州全体での日産クロスオーバー車の累計販売台数は、250万台を超えている。

現時点では、日産新クロスオーバーコンセプトに関して、車名を含めて情報は公表されていない。ただし、欧州日産は、フロント部分が映し出された予告イメージを1点、公開した。

欧州日産は、「日産がクロスオーバー車の技術革新を続け、基準を引き上げ続けることができるか。また、日産が運転の興奮を感じる新たな方法を生み出すとしたら、どうか。その答えが、フランクフルトモーターショーで出るだろう」とコメントしている。

フランクフルトモーターショー15】日産、新クロスオーバーコンセプト初公開へ

[ 2015/09/08 20:03 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

レクサス RX、待望の3列7シーターモデル投入へ

ニューヨークモーターショー15で公開されたレクサスのクロスオーバーSUV『RX』。日本では秋頃から発売予定だが、5人乗りの現行モデルに加えて登場する、3列7シーターモデルのプロトタイプの初捕捉に成功した。



アウディ『Q5』やBMW『X5』などライバルとなるプレミアムSUVが3列シートを持つ中で、レクサスにとっても次世代モデルでの投入が急務となっていた。

リアウィンドウにフィルムが貼られており、中のシートは見えないが、ホイールベースが延長されているのが分かる。

シートレイアウト以外にパワートレインの変更はないようで、3.5リットルV6及び、電気モーターを合わせたハイブリッドモデルがラインナップされるだろう。

レクサス RX待望3列7シーターモデル投入
[ 2015/09/08 14:02 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

スバル XV 次世代モデルはプラグインハイブリッドに!?

スバルのクロスオーバーSUV『XVクロストレック(日本名:XV)』次世代モデルのプロトタイプを捕捉した。



このプロトタイプは『WRX』とXVのボディをミックスさせたミュールボディだが、カメラマンや関係者からはXVの次世代プラグインハイブリッドモデルの試作車ではないか、との情報が出ている。

現行モデルでは2リットル4気筒の水平対抗エンジン+CVTに、モーター、ニッケル水素電池を組み合わせた「XVハイブリッド」をラインアップするが、プラグインには対応していない。

今回スクープしたプロトタイプの詳細は不明であるものの、外観からはホイールベースが延長され、前後フェンダーは張り出しており、ボディサイズが現行モデルより拡大されるであろうことだけが確認できた。

次世代モデルではプラットフォームを刷新、「SGP」(スバル・グローバル・プラットフォーム)が採用される。

パワーユニットはプラグインハイブリッドモデルの他、水平対向4気筒モデルもラインナップするとされており、ワールドプレミアは2017年と噂される。

スバル XV 次世代モデルプラグインハイブリッドに!?
[ 2015/09/07 13:59 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

ホンダ シビック 次期型、間もなく米国で初公開か

ホンダが今秋、米国市場へ投入する次期『シビック』。同車が間もなく、米国で発表される可能性が出てきた。



これは8月下旬、米国の自動車メディア、『Automobile』が報じたもの。同メディアが独自ソースから得た情報として、「次期シビックは9月16日、米国デトロイトとロサンゼルスで初公開される」と伝えている。

ホンダ米国法人、アメリカンホンダは6月下旬、次期シビックのパワートレインに関する一部情報を公表。次期シビックには、2種類の新開発ガソリンエンジンが設定される。

そのうちの1エンジンは、ターボユニット。また、次期シビックでは、クラスをリードする燃費性能が追求される。EPA(米国環境保護局)高速燃費は、40マイル/ガロン(約17km/リットル)以上が目標。

アメリカンホンダは4月、ニューヨークモーターショー15に次期シビックを示唆した『シビック コンセプト』を出品。また次期型では、米国市場で久々にハッチバックモデルが復活することが決定しており、4ドアセダン、2ドアクーペ、ハッチバックの3ボディが用意されることになる。

ホンダ シビック 次期型 米国 初公開
[ 2015/09/07 10:54 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

プリウス SUV か!? 開発車両をスクープ

トヨタが2014年のパリモーターショーで公開し、フランクフルトモーターショーでその進化系モデルを公開予定の『C-HRコンセプト』。市販にむけたプロトタイプと思われるモデルをスクープした。



C-HRは次期『プリウス』と同じアーキテクチャー「TNGA」をベースとするシャシーを採用、トヨタが提案する次世代コンパクトクロスオーバーのデザインスタディで、『CHR』として市販するのではと予想されている。

クーペのようなスポーティーさとSUVの力強さを持ち合わせたコンセプトデザインが市販モデルにどこまで反映されるか注目されているが、今回のプロトタイプでどこまで検証できるだろうか。

リアビューとフロントマスクはがっちり擬装されており、詳細は不明だ。しかし、高い位置のボンネット、寝かされたAピラー、リアウィンドウへ急激に落ちるルーフラインから、その刺激的なルックスは市販モデルでも踏襲される予感だ。

次期プリウスとプラットフォームは共有するが、そのフロントマスクは全く異なり、トヨタ最新のデザイントレンド「キーンルック」が採用される。

パワートレインは1.2リットル直噴ターボ及び1.8リットル直4ハイブリッドが噂されている。ハイブリッドには次期プリウスと同じ「THS III」が搭載されるとみられ、35~38km/リットル程度の燃費には期待したいところ。

日本発売は2016年秋頃と予想される。

プリウス SUV か!? 開発車両スクープ
[ 2015/09/05 19:49 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

数十億円? 超高級車・フェラーリ250GTOが洗車中に…

高級車として知られるフェラーリ。その中でも希少とされる250GTOは、数十億の値をつけたこともある超高級車です。

そんなフェラーリ250GTOを、大切そうに洗車している男性がいます。
しかし洗車中に、悲劇が起こりました。思わず「えっ?」と声を出してしまう衝撃的な展開は、誰も予想できないはず! 

彼とフェラーリの運命はいかに…!?
数十億円超高級車フェラーリ250GTO洗車中に…


carview!も出場、メディア対抗ロードスター4時間耐久レースを現地よりUstreamでライブ配信

Ustream Asiaは、9月5日(土)から筑波サーキットで開催される「第26回 メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」(4代目ロードスター誕生記念大会)の模様を「USTREAM」でライブ配信する。



普段は取材する側のメディア自らがチームを組み、4時間の耐久レースに挑む今大会は今年で26回目を迎える伝統レースとなる。そして、いよいよ今大会からは、4代目ロードスターがレースカーとして登場。ドライバーも、各媒体に関わるジャーナリストや編集者がレーシングスーツを身にまとい、レース仕様に改造されたマツダ ロードスターを操る。

当日のライブ配信では、予選から本戦まで迫力の車載カメラでの映像を配信をするほか、監督・ドライバーへのチームインタビューなどの実況レポートが予定されている。

なお。今年もcarview!は姉妹サイトの「みんカラ」とタッグを組んでエントリーしている。会場に足を運べない人は是非、配信をチェックして応援して頂きたい。

<配信日程>
2015年9月5日(土)
予選:午後0時35分~午後0時55分
出場チーム紹介、開会式など:午後1時~午後4時
決勝:午後4時~午後8時

<配信チャンネル>
チャンネル1
(レース本戦セレモニーの様子や各チームPITへの突撃取材を配信)
チャンネル2
(PalyStation4を使ったピットの様子を配信)
チャンネル3
(Ustream & carview!/みんカラの車載カメラを配信)
チャンネル4
(順位がすぐわかるタイミングモニターを配信)

carview!/みんカラチームの過去成績>
・2014年 11位(HCピットストップ150秒)
・2013年 2位
・2012年 10位(HCピットストップ180秒)
・2011位 優勝
・2010年 6位
・2009年 12位
・2008年 初出場 リタイヤ(ガス欠)

<公式サイト> www.media4tai.com

carview!も出場、メディア対抗ロードスター4時間耐久レースを現地よりUstreamでライブ配信
[ 2015/09/05 11:45 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】ランボルギーニ、謎の新型車を初公開へ

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニ。同社が9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15において、新型車を初公開することが分かった。






これは9月2日、ランボルギーニが公式サイトで明らかにしたもの。フランクフルトモーターショー15で、新型車をワールドプレミアする、と発表している。

現時点では、車名を含めて、この新型車の内容は公表されていない。ただし、ランボルギーニは、公式サイトを通じて、予告イメージを配信。キーワードは、「The sky will never be the same」。

この謎の新型車、現地時間9月15日12時20分、フランクフルトモーターショーの会場でワールドプレミアされる。

フランクフルトモーターショー15】ランボルギーニ謎の新型車初公開へ

[ 2015/09/04 12:16 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】トヨタ の小型クロスオーバー、C-HR コンセプト…進化版を初公開へ

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは9月1日、ドイツで9月15日に開幕するフランクフルトモーターショー15において、『C-HRコンセプト』の新仕様を初公開すると発表した。



C-HRコンセプトは2014年秋、パリモーターショー14でワールドプレミア。同車は、トヨタが提案する新世代コンパクトクロスオーバーのデザインスタディ。軽快さと力強さを大胆に融合したスタイリングが特徴となる。

目を見張るのは、ダイヤモンドをモチーフとしたキャビン形状と、多面体のような精彩で彫りの深いボディ下部の造形。フロントはトヨタ独自の表情である「キーンルック」や、その構成要素でもある「アンダープライオリティ」などのデザインをさらに発展させ、今後のトヨタデザインの方向性を提示した。

フランクフルトモーターショー15では、このC-HRコンセプトの新仕様が初公開される予定。現時点では、詳細は公表されていないが、パワートレインに関しては、「ハイブリッド」とだけ、発表されている。

フランクフルトモーターショー15】トヨタ小型クロスオーバーC-HR コンセプト進化版初公開

[ 2015/09/04 08:08 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

プジョー、新型オープンカーコンセプトを初披露

プジョーは、9月15日にフランクフルトショーで公開予定のコンセプトカー「FRACTAL(フラクタル)」の外観写真を初めて公開した。



フラクタルは、電気モーターで走る4人乗りオープンカーのコンセプトカー。特徴は進化版の「プジョーiコクピット」と呼ばれるインターフェイスを採用すること。プジョーは、2012年に登場した208以降、小径のステアリングホイールやメーター類レイアウトなど、ドライバーの視覚と触覚に関する部分に工夫を凝らすことで運転の楽しみを高める試みを行っているが、フラクタルではそれをさらに発展させている。

そのキーとなるのは、音の演出だ。PSAプジョーシトロエンの開発チームは、フランスの電子サウンドのオーソリティと共同で開発した、13個のスピーカーからなる“9.1.2chシステム”をそれぞれのシートバックに内蔵し、臨場感あふれるダイナミックな音響空間をつくり上げた。このシステムが運転に必要な音を最適なかたちで演出し、安全かつ楽しいドライビングを実現するという。

パワーユニットは、車体前後のモーターと40kWhのリチウムイオン電池を搭載し、システム全体で204hpを発生。航続距離は最大450kmに達するとされる。ボディは全長3.81m×全幅1.77mとコンパクトで、車重は1000kgに収まっているという。


プジョー新型オープンカーコンセプト初披露

[ 2015/09/03 20:37 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【フランクフルトモーターショー15】トヨタ ヴィッツ に2016年型…「アイゴ」風ツートンボディも

トヨタ自動車の欧州法人、トヨタモーターヨーロッパは8月28日、欧州仕様の『ヤリス』(日本名:『ヴィッツ』)の2016年モデルを発表した。実車は9月15日、ドイツで開幕するフランクフルトモーターショー15で初公開される。



2016年モデルでは、グレード体系の変更や新ボディカラーの設定などの改良を実施。欧州主要国に、2016年1月から投入される。

グレード関連では、従来ガソリンとディーゼルに用意されていた「スタイル」を、ハイブリッドに拡大展開。グリルはメッシュのブラック塗装。フォグランプの周囲などは、サテンクローム仕上げとなる。室内は、ブラックのシートに、ピアノブラックのトリムパネルを組み合わせた。

また、2016年モデルでは、スタイルグレード全車に「バイ-トーン」と呼ばれるツートンカラーをオプション設定。基本のボディカラーは、パールホワイト、プラチナブロンズ、バルセロナレッドの3色。ルーフやピラー、ドアミラー、フロントフェンダー上部、ボンネットの両端が、ブラックとなる。欧州で販売されるエントリーモデル『アイゴ』との共通性も感じられるデザインとした。

室内は、ブラック、ウォームグレー、ソフトグラデーショングレーの3色が選択可能。ヘッドライナーは、ブラック仕上げとした。

【フランクフルトモーターショー15】トヨタ ヴィッツ に2016年型…「アイゴ」風ツートンボディも

[ 2015/09/03 12:17 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

シトロエン、新型DS4の画像を公開 新ボディ追加も

シトロエンは、新型「DS4」の画像公開した。9月15日に開幕するフランクフルトショーで発表する見通しだ。



新型DS4には、ハッチバック仕様(写真)のほか、新たに“クロスバック”と呼ばれる新しいボディバリエーションが設定される。これはプレミアムコンパクトセグメントにおいて、その3割をクロスオーバーと呼ばれる従来のボディタイプに当てはまらない新ジャンルのモデルが占めているため。シトロエンは2010年にDS4を発売し、これまでに11万5000台を出荷したが、新型ではさらなる拡販を目指す考えだ。

新型DS4ハッチバック仕様のボディサイズは全長4.28m×全幅1.81m×全高1.50m。DS4クロスバックは全高が1540mmにまで高められている。

新型ではボディカラーは9色設定され、うち4色が新色となる。またボディとルーフの色の組み合わせパターンは全38種類に及ぶという。エンジンは全6タイプが設定される予定だ。

シトロエン新型DS4画像公開 新ボディ追加

[ 2015/09/02 20:12 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

スズキ、新型車バレーノの新画像を公開

スズキは、2週間後に控えたフランクフルトショーでワールドプレミア予定の新型車バレーノ(Baleno)」の新画像公開した。バレーノはスタイリッシュなスタイリングと広い室内空間の両立を図った5ドアハッチバック車。



軽量かつ高剛性な新型プラットフォームを採用し、エンジンは1リッター直噴ターボユニットを搭載する。このエンジンはスズキ自慢のスマートハイブリッドシステムが組み合わされ、軽快な走りと低燃費を実現するとのこと。

今回フランクフルトショーに出展されるのは市販予定車で、ヨーロッパでは2016年春の発売が予定されている。

スズキ新型車バレーノ新画像公開

[ 2015/09/02 12:09 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

【ジャカルタモーターショー15】トヨタ ヤリス、インドネシアで独自進化…派生モデルの提案

ジャカルタ郊外で開催された「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」でトヨタは、新興国向けモデル『ヤリス』をベースにした2台のコンセプトカーを公開した。1台はコンバーチブル、もう1台はSUVルックのスペシャリティモデルだ。



コンバーチブルは『ヤリス・レギャン』、SUVルックのものは『ヤリス・ヘイカーズ』と名づけられている。どちらもトヨタとアストラインターナショナルの現地合弁企業、トヨタアストラモーター(TAM)が独自に企画、デザインしたものだ。

ベースとなったヤリスは5ドアハッチバックのみだが、ヤリス・レギャンではドアやフェンダーが大きく変更されて3ドアとなっている。また幌やハードトップを装着することは想定していない。

バリ島には同名のリゾート海岸があり、各国からサーファーが集まることで知られている。そうしたスポーティで活発なイメージをストレートに表現した提案だ。ボディ前後のグラフィックスも大きく変更され、大胆な形状のフロントグリルが目を引く。

いっぽうヤリス・ヘイカーズはレギャンよりも現実的な提案。最低地上高を大きくしてルーフレールを追加したほか、ボディ前後やホイールアーチに樹脂プロテクターを追加してSUVらしい装いとしている。

ヤリス・レギャンとヤリス・ヘイカーズはいずれもコンセプト提案で、販売の予定はない。しかしインドネシア市場でもSUVの注目度が高まり、オフローダーではない乗用車ベースのコンパクトSUVが各メーカーから登場してきている。

だからヤリスをベースにして、ヘイカーズのようなSUV感覚のコンパクトモデルが投入される可能性は小さくない。またレギャンのスタイリングのアイデアはフェイスリフトなどに応用できそうだ。

ジャカルタモーターショー15】トヨタ ヤリス、インドネシア独自進化派生モデル提案

[ 2015/09/01 19:06 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)

クルマが人に恋してしまう不思議なムービー

トヨタ自動車モータースポーツマーケティング部は31日、アクアG'sのスペシャルムービー「G'sブートキャンプ」を公開した。クルマが人に恋をしてしまう、ちょっと不思議でコミカルなムービーに仕上がっている。



G'sブートキャンプは、スポーツ好きのランニング女子に恋をしてしまうトヨタ アクアのストーリーだ。恋をしたアクアは彼女の気を引こうと自らを鍛え始める。大型トラックを牽引したり、タイヤを屋根にいくつも積んで走行したり、小林可夢偉選手の講義を受講したりとさまざまなトレーニングをこなしていく。

過酷なトレーニングの結果、アクアはスポーツカー仕様にチューンアップされた「G'sアクア」に生まれ変わる。最初は見向きもされなかったアクアだったが、生まれ変わったアクアの姿を見たランニング女子は……。

この映像はYouTubeで公開されるほか、TV-CMとして放送予定となっている。



クルマが人に恋してしまう不思議ムービー

ルノー、9月15日に新型メガーヌを公開

新型ルノー メガーヌが9月15日に開幕するフランクフルトショーで公開されることが明らかになった。ルノーは現地時間15日午後2時にフランクフルトショー会場で記者会見を開き、新型メガーヌを初披露すると発表。カルロス・ゴーンCEOが新型のアンベールを行う予定だ。



2008年に登場した現行メガーヌは、第3世代目にあたりメガーヌIIIとも呼ばれる。バリエーションは5ドアハッチバックのほかクーペ、エステート、クーペカブリオレ、スポーティ版のメガーヌRSをラインアップする。

ルノー新型メガーヌのほか2016年前半に発売予定のアッパーミドルクラスのセダン/エステート「タリスマン」の出展なども予定している。

※写真はメガーヌハッチバックの現行モデル。

ルノー、9月15日に新型メガーヌを公開

[ 2015/09/01 11:01 ] 【車関連】ニュース速報 | TB(0) | CM(0)