FC2ブログ













【日産 スカイライン 200GT-t 発表】

日産『スカイライン200GT-t』のエンジンとトランスミッションは、ダイムラー製のものが搭載されたが、そのセッティングに関しては、大きく異なっているという。

日産自動車パワートレイン開発本部パワートレイン第三製品開発部の小林晋さんは、「ダイムラーは、比較的変速させないで、そのままのギアをキープするという特徴がある」とし、「それは日産やインフィニティのキャラクターとは若干違う方向性なので、そこを(ダイムラーに)理解してもらうのがとても難しかった」という。

具体的には、「ダイムラーのATに比べ、日産は変速レスポンスが早く、変速するスピード(例えば2速から3速にシフトチェンジする時間)も早い」と小林さん。当初、ダイムラーに対して、「日産の目指している方向性を説明すると、その通りにしてくるものの、これはダイムラーでは変速ショック以外の何物でもないので受け入れられないといわれた」と振り返る。

そこで、「日産独自の評価システムをもとに、味付けなどをしていくと、日産らしさが出ることを説明していった。その結果、変速ショックといわれていたことも、何だかわかる気がすると変わってきたのだ」と述べる。

「ダイムラーは、変速するスピードを早くするとショックにつながり、不快になると考え、変速スピードをとても長くセッティングしている」と小林さん。

「そのショックとレスポンスを両立させることは、日産が得意としているところで、これまでのトランスミッションでも経験を積んでいる。それを踏まえて一緒に乗りながら、評価をしていくと、その意図を良く汲んでくれて、変速タイミングやスピードなどが変えられたのだ」と話す。

その結果、「メルセデスの量産車とこのスカイラインを乗り比べると、トランスミッションの変速の仕方は全く違う。つまり、エンジンなどを含めて日産向けにチューニングが施されているからなのだ」とコメントした。
関連記事
[ 2014/08/26 21:57 ] ブログ | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://clele2.blog.fc2.com/tb.php/4177-7b2f5b75